So-net無料ブログ作成
検索選択

村山九段 [将棋]

先週、TVで村山九段の特集が放映されていました。
ただし、この特集は、村山さんご本人ではなく、
村山さんのお母さまの視点で、描かれていました。

村山さんの小さな頃、ネフローゼ症候群という病に気づかず、
症状を悪化させてしまったことに、
お母さまは、長きに渡り、罪の意識から解放されなかったとのことです。
どれほど苦しかったことでしょう。

村山さんの晩年、がんが再発したことを聴かされ、泣き崩れるお母さま。
その時、聴こえてきた「おいしいうどんを食べに行こう。」という村山さんの言葉、
自分を気遣ってくれた我が子に、ようやく深い罪の意識から解放されます。

「勝てるかなぁ、羽生さんは強いからなぁ。」
うどんを食べに向かう道で、村山さんは、母に言うともなくつぶやきます。
「でも、勝ちたいなぁ。」

NHK杯の決勝で、惜しくも敗れた村山さん、その僅か5か月後、旅立たれて行きました。
村山さんの不興を買うことを覚悟で敢えて言いたい。
もし、村山さんがまだ生きておいでだったら、
棋界の勢力図は、現在のそれとは全然違うものになっていたに違いありません。

しかし、そんなことよりも、
最後ではあるけれども、お母さまと打ち解け、お2人で食されたうどんは、
お母さまにとって、大切な宝物になりました。
そのことが、見るものの魂を揺さぶります。
私はいつまでもいつまでも涙が止まりませんでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

後悔先に立たず [その他]

少し前の記事になりますが、FP2級検定を受検したことを書きました。
この検定、結果は合格だったのですが、
今日書きたいのは合格したことではなく、
その内容とか、その後日談とかです。

さて、この試験、合格したにはしたんですが、
仕訳の考え方とか、税金の処理とかが全然だめで、
そのあたりの設問で、ミス連発でした。実に悔しく、情けない思いをしました。
そういえば、『遠い昔に簿記とかいうのを大学で学んだことがあったなぁ。』と
昔のことを思い出したりしましたが、
残念ながら今では、『左に書く方が借方だったかな。』というようなレベルで、
いくら厚顔でも、『大学で簿記を学びました。』などと言えるしろものではありません。
少しずつでも、こつこつちゃんと勉強しておけばよかったとつくづく思いましたが、
後悔先に立たずとは、まさにこういうことを言うのでしょう。

そんなわけで、私、高校生に戻ったつもりで、簿記2級に挑戦することにしました。
「おいおい、労働保険、社会保険の勉強はどうした?」
というつっこみが聴こえてきそうですが、それはそれ、もちろん毎日続けます。
「ところでいったい何のためにやるんだ?」
という疑問もありそうですが、『そんなの関係ないっ!』です。
とにかくわからなかったのが悔しいわけで、他に理由なんかありません。
「高校卒業程度で合格できる。」と言われている簿記2級検定より、
若干易しい筈の設問に応えられなかったあの悔しさを、
私は絶対に忘れることはできません。よって、このまま放置など論外です。

受検予定の検定は11月です。
合格するのはもちろんですが、今度こそきちんと理解して、
繰り返し検討した棋譜をいつまでも覚えているのと同じように、
簡単には忘れてしまわないくらい「しっかりわかる」ことが目標です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

実務研修(通信教育課程)提出完了! [社会保険]

2月から始めた労働保険・社会保険の通信教育の課題を、
今日(4/12)、全て提出し終えました!
きちんと計測はしておりませんが、少なくとも100時間くらいはかかったと思います。

私の場合、全課題を3回に分けて提出しました。
3回目の提出になると、かなり要領もわかってきましたので、
取組むスピードもだいぶ速くなったとは思うのですが、
提出する様式も一番少なかった(1回目は26枚、3回目は17枚)ので、
力がついてきたと判断するのは、少々危険でしょう。
ちなみに3回目に提出した様式の一部をざっと机に並べるとこんな感じです。
DSC_0128.jpg

これで実務研修の通信教育課程は、(大きなミスがなければ)修了となるはず、
残るは夏(8月18日~21日)に4日間、東京の有明で行われる集合研修を残すのみです。
少しずつですが、着実に開業へのステップを踏んでいる感じがしてきました。
夏休みをしっかりこの時期に合わせて取れるよう、
会社の仕事も調整しなければなりませんが、まぁ、きっと何とかなるでしょう。

合格直後は、ちょっとめんどくさいなぁと思っていた泊まりがけの集合研修でしたが、
最大の山場だった通信研修を曲がりなりにも終えて余裕ができたからでしょうか、
ここに来てちょっと楽しみになって来ました。
どんな講義になるかは知る由もないですが、
現役の先生からの生々しい現場での事件や、失敗談なんかも聴くことができますので、
きっと今後の役に立つでしょう。
それにひょっとしたら、気の合う同志と知り合いになれるかもしれませんので、
そうなれば、きっと大きな財産になるでしょう。

さぁ、あと一息です。
目指す開業(勤務型)予定日は12月1日、油断せず取組を続けます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。