So-net無料ブログ作成
検索選択

あひるが来た! [実戦譜]

久しぶりの24での将棋、先手が私、21手目▲9六歩までの局面です。
棋譜20151031#01.png
後手はいわゆる「あひる戦法」、
厳密に言うと純粋なあひるではないかもしれませんが、ほぼあひるです。
ここから後手は何と△2四歩-。
棋譜20151031#02.png
これは定跡なのでしょうか?私が▲1五歩と突くとどうなるのでしょう??
私はよっぽどここで▲1五歩と突いてしまおうかと思ったのですが、
玉側の端を突くのはやはりまずいかなと考え、
▲6五歩と飛角の効きを活かす方を優先しました。
以下△2五歩、▲6六銀、△2四角、
ここで私は▲2八銀と端を強化しましたが、何といきなり△1五歩!
棋譜20151031#03.png
▲1五同歩に、△1五同角!
棋譜20151031#04.png
繰り返しになるのですが、これって本当に定跡なのでしょうか???
私はすっかり混乱してしまいました。
『棒銀で△1五銀と出るあの手と同じ意味なのかな?』
でも、2筋に飛車は居ませんし、正直意味がわかりません。
ここで▲1五同香と角を取るとたいへんなことなるなかなと思いましたが、
『これで角を取れないんじゃ、わざわざ▲2二銀と端を強化した意味がない。』
と思い、▲1五同香を決行しました。
以下△1五同香、▲1七歩、△1一香。
棋譜20151031#05.png
当然ですが、後手は弱体化している先手の1筋を執拗に攻めてきます。
角しか手持ちのない私は、『1筋を受けてもしかたない。』と判断し、
▲5五銀と6筋の反撃をかけるため銀を進めます。
しかし、以下△1七香成、▲同桂、△1六歩-。
棋譜20151031#06.png
一方的に攻められる展開となってしまい、なんとなく苦しく感じていました。
ただ、この局面ですが、私は自分の方が悪いと思っていましたが、
実を言うと実際にはどうなのか、今でもよくわかりません。
ただ間違いなく言えることは、どうやら私は「あひるが苦手」のようです。
(自分があひるなのに。)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

尚武帝 なお

あひるさまこんにちは。

最後の局面で1九香と打ってどうなのでしょう。現状歩と角の交換。
1七歩成を同銀ととれば、いずれは相手が桂銀歩 でこちらが歩角香。
いやな感じですがそこから早い攻めはないように思います。

ただ、私でしたら壁銀の2八銀は指さないと思いますし、いくなら2八玉でしょうか。
また1五角に対しても同香とはいかずにそのまま放置で美濃囲いを作ります。玉形で有利なので焦る必要はありません。
by 尚武帝 なお (2015-11-04 16:57) 

ahiru

なおさん、こんばんは。ご訪問、ありがとうございます。

最後の局面、▲1九香でそんなに早く攻められることがないなら、
それほど悪いわけでもないんですね。
私はちょっと悪いかなと思っていたので、
その感覚自体が既にちょっとおかしいようです。

あと端を強化して良い手のつもりだった▲2八銀が、
なおさんから見ると「?」という感じなんですね。
うーん、残念。
そうすると、どうもあれこれ感覚がくるっているようです。
将棋をあまり指していないせい?でしょうか。

いずれにしても、あひるがあひる戦法にてこずっては、
いけませんね。

by ahiru (2015-11-06 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る